記事一覧

TOPKOPIのスタッフが父親の時計について語る

大人になった今、私たちTOPKOPIのメンバーは、時計とともに生きている。今回は、私たちが幼い頃、父親が身につけていた時計をご紹介。これは、すべての父親へのリマインダーでもあるので、子供たちによく時計のことを教えてあげて欲しい。

この記事は、そこにある最高の時計についての物語ではありません。そう重要なものでもない。私たちの父親が身につけていた(あるいは今でも)時計についてのストーリーなのです。私たちの宿題を手伝ってくれたり、パンケーキの焼き方を教えてくれたり、フライトの3時間前に空港につくようにと私たちを車に乗せてくれたりするときに、手首につけていたあの時計たちです。

超激安 ロレックス デイトナ 6263 コピー レプリカ MK1ダイヤル 黑

品番:6263
ブレスレットの最大幅 約18cm
ケース素材ステンレススチール
ブレス素材ステンレススチール
ベゼルタキメーター
ブレスタイプオイスターブレス
風防プラスチック
ケース径37mm
ケース厚13.5mm
ムーブメント手巻き
キャリバーCal.727
振動数21,600振動
パワーリザーブ50時間
手巻デイトナの最終型で、クラシックな雰囲気のプラスチックベゼルを備えた人気モデル。コンディションの良いモデルは希少です。
シリアル番号から1979年頃製造のモデルと思われます。
ヴィンテージとして良好なコンディションを保っています。

2000年、父はState Farmのエージェントとなり、"ウォッチガイ "への道を順調に進んでいた。ここまで来るのは簡単なことではなかったので、独立開業という偉業を祝うために、ロレックスのシードゥエラーを購入した。その数年後、時計愛好家にとって最悪の悪夢が現実のものとなり、ジムのロッカーからシードゥエラーが略奪されてしまう。このとき、「時計を真に所有することはできない」という考え方は、とても飲み込みにくいものだった。

このような話にはいつも心が痛む。このケースは本当にがっかりする損失だったが、保険業界に身を置き知恵を絞った結果、彼の時計はなんと補償の対象となった。現在も愛用しているモデルと、当時交換することができたのだ。

しかし、父がワンウォッチ派かというと、そうとは言い切れない。2018年になり、私は彼の時計への愛にダイレクトに触発され、TOPKOPIで働き始めた。この4年間で、ささやかなコレクションは本格的な動物園へと花開き、ビーラー家は「時計は共有するもの」という考え方に傾倒するようになった。

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー